せーた家 人間育児と犬猫預かりボランティア
いぬ・ねこ親希望者さんはちばわんまで↓

はじめての方へ
卒業犬猫一覧
いぬ・ねこプロフィール

うちのこ ポッケ
いぬ親決定♪

-->2017.01.24 Tuesday お食い初め

ヤギリンとみっちゃんだけでは平和すぎる我が家。

しばらく子育てネタにお付き合いください。

 

 

先日、実家にてマメゾーのお食い初めをしました。

 

 

写真には写りたいヤギリン↑

テーブルの上に座布団と赤ん坊を乗せるなとか。

鯛のザルに春菊が乗ってるのは何故かとか。

丸鶏は何なんだとか。

 

「正しいお食い初め」がよく分からない一族なので

理由をつけて飲んで食ってしたいだけなのですよ。

 

 

やっぱり写りたいヤギリン↑

実家では父が料理担当。

とにかく作りたい父。とにかく食べたい兄と私。

洗い物とか配膳とかは兄のお嫁さんが・・・

いやぁ。気配りの出来るお嫁さんでよかった(^^;←サイテーな小姑。

 

マメゾーには同級生の従兄弟が居るので

数ヶ月前に同じ儀式をしたのです。

食器も使い回し。男の子と女の子では違うみたいですが。気にしない気にしない。

 





2016.12.19 Monday クリスマスって・・・

現実的な(?)両親に育てられた私は、

小さい頃から「サンタは居ない」と教えられていて

クリスマスプレゼントはもらえたけど親からでした。

お寺の幼稚園に通っていたのでクリスマスイベントもなく・・

そんなに特別な行事じゃなかったのです。今の今まで。

 

 

現在4歳のマメ子にも今までクリスマスプレゼントをあげたことはなく

私と同じように特別な行事と感じない大人に育つのかと思ってたら・・・

 

 

最近ずっと「サンタさんから何もらおうかな〜♪」って。

通っているのは普通の幼稚園。

サンタにおねだりすることを幼稚園で学んできたらしい(汗)

 

え?今からクリスマスプレゼント準備するの?

 

 

私も小さい頃、朝起きたら枕元にプレゼントが置いてある家庭に

憧れたこともあったりなかったり・・・(どっちだろ。覚えてないや)

マメ子にはサンタの存在を信じさせようと決めました。

何歳まで信じるかな。

 

 

母サンタはプレゼントの仕入れに行かなければ。

マメ子がサンタに書く手紙には予算オーバーのプレゼントや巨大なプレゼントが・・・

それは無理無理。サンタへの手紙をガン無視していいものだろうか?

 

 

ばーちゃんがたくさん買ってくるのでおもちゃ大量の我が家。

サンタからプレゼントがもらえたら、今あるおもちゃを2つ倉庫へ移動する約束をしました。

何年か後・・・私はきっとそれをラッピングしてマメゾーの枕元へ置くでしょう(笑)

 

 





2016.10.14 Friday マメゾー誕生♪

久しぶりの更新になりましたが、

ちょっくら長男を出産してきましたゆう★

 

長女のブログ上でのHNが「マメ子」なので、

長男は「マメゾー」として今後登場させるつもりです。

よろしくお願いしますm(__)m

 

 

ヤギリンはやっぱり積極的に子育て参加中!

 

ネコ兄さんと超絶不仲のチコたんは3連休中にショートステイ先へ移動予定だったのですが

予定日よりだいぶ早い出産で3連休前に生まれてしまったので

けっきょく入院の6日間、ネコ兄さんがチコのお世話も頑張りました。

 

いろいろと問題もあったようですが・・聞くのも怖いのでkyu

とりあえず私も赤ちゃんもチコも、家族全員元気です。

たった1週間弱の入院なのに、帰ってきたら犬猫たちが全員冬毛モコモコになってました。

 

 

 

 





2016.07.04 Monday 子ども心は大切にしたいなぁ

大人に自分の意見を否定される度に

「子ども心を忘れぬまま親になろう」と思ってきた私。

 

なんか書き方が深刻な過去風になってしまったけれど、

普通の子供がやりたがるコトを

普通の親にダメダメ言われてただけですよ。

 

 

マメ子がリビングの真ん中にブロックの超大作を放置して幼稚園に行きました。

「壊しちゃダメだよ!帰ったらまだ遊ぶんだからね!」と言い残して。

 

私の親は、こういうのを容赦なく壊して片付けちゃう人だった。

帰ってきて自信作がなくなっているコトに何度ショックを受けたか。

 

でもさぁ・・・その床、犬の毛だらけなんだけど。

掃除機かけたいんだけど。

壊して掃除して、もう一度同じ物を作っておくか?

いや、バレるんだよなぁ。きっと。

 

 

1日ぐらいならいいんだけどさぁ。

その超大作、もう何日目?ゆう★

そろそろ・・片付けて欲しいのですけど。

 

あと、紙を丸めてテープを貼り付けて作った謎の物体がたくさん。

それも捨てちゃダメらしくて、もっと作って集めるらしくて・・・

私にはゴミにしか見えないんだけど、マメ子にとっては宝物。

 

 

「ママのお手伝い」ブームがやってきたマメ子。

助かるわぁ。ちゃんと出来るのならば。

 

皿洗いを任せれば台所はビショビショ&食器は泡まみれ。

洗濯物畳みを任せればマメ子の引き出しはグシャグシャ。

もちろん教えながら一緒にやってるけど、私が手を貸すことを嫌がるから・・

この時期をクリアしないと「助かるお手伝い」には進化しないのですよね。

きちんと出来る年頃になったら「やだぁ」とか言われるんだろうなぁ。

 

 


 

 

 

 





2016.04.14 Thursday マメ子の話
犬がいないので、マメ子についてちょっと書こう。
興味のない人、ごめんなさい。

マメ子はちょうど3歳半。
この春、年少さんになりました。
私が幼稚園の頃は年中さんから入園する2年保育が普通だったんだけど
今は(土地柄??)年少からの3年保育が普通みたいです。





生まれた頃からたくさんの犬と一緒に暮らしてきたので犬は怖がりませんが
それ以外の動物を怖がるようになってきました。
なので最近はふれあい動物園的な所によく連れて行きます。
ヤギさんは平気らしい。
さすが、うちで犬型ヤギと暮らしているだけありますね。
ヤギを見ると「やーちゃんだー!」と言います。
ちょっと違う。





うちの猫は生まれた頃から一緒だから平気なんだけど
知らない猫さんは怖いみたい。
ばーばの部屋にいる猫さんは、マメ子に向かって「しゃーしゃー」言うからね。
むやみに近づかないのはありがたい。





ウサギさんも平気になりました。
鳥さんは苦手。まったく近づけません。
あと虫も克服して欲しいんだけど、これはもう性格かなー。
虫嫌いを克服するって大変ですよね??(私は虫も平気だから気持ちが分からん)





最近は「お馬さんに乗りたい!」と言うようになったけど(私が乗馬好き)
まず人見知りを直してもらわないと引き馬も乗れないじゃん。
係の人に話しかけられただけで顔を背けて固まっちゃうタイプ。




 




2016.03.01 Tuesday 放浪癖
ちょっくら旅に出ます(´∀`)ノ





ので、ブログ更新はしばらくお休みです。
3月6日のいぬ親会はチコを連れて参加します。



いぬ親会の詳細はコチラのページでご確認ください。









2016.02.21 Sunday 動物園と航空科学博物館
今日は犬なし更新です。


最近、大きい公園とか動物園が好きなせーた家。
金欠だからね。近場で安い所で、マメ子も大人も楽しめる所。





横浜市の金沢動物公園にて。
ゾウもキリンも居るのに、「ふれあいヤギさん」のコーナーに留まる我々。
ヤギさん見るとね、何でか親近感が湧いちゃうのよ。

「ヤギ飼ってイヌリンって名前つけようよ!」とかね。
ヤギかわいいなぁ。

ちなみにマメ子が背負ってるキツネさんのリュックは
ネコ兄さんが子供の頃に北海道で買ってもらったんですって。





この茶色いヤギさんがお気に入り。
「モチ」って名前だって。
名付け親さんと気が合いそうだわ。





いつもヤギリンにガブガブ指まで噛まれているのに、
羊さんにニンジンをあげるのが怖いマメ子。
ヤギリンもこのくらい優しく受け取ってくれればいいのにね。



別の日。




成田空港の隣にある航空科学博物館へ。
セスナ機に乗りました。100円入れるとプロペラが回るやつだけど。
でも2007年まで実際に飛んでた本物です。
ちょっと高い所に飾ってあるので、プロペラ回るだけでも本格的。

この博物館、大人にオススメです。楽しかった。
もっときちんと説明を聞きたかった。
3歳女子には興味なかったんだなー。残念。









2015.10.26 Monday 正直者はバカをみる?
巴のお届けも済んだことだし、ちょっと犬以外のコトも聞いてくださいよ。





先日、マメ子(人間の娘・今月で3歳)の幼稚園の面接だったんです。
入園面接と言ってもお受験幼稚園ではないので、
子どもの性格や日頃の生活を伝える形だけの面接です。

アマノジャク星人の私は近所のマンモス幼稚園を選ばず
ちょっと遠いけど定員割れしているような小さな幼稚園を選びました。


マンモス幼稚園は園舎も大きいし園庭も広く、
毎日外部から講師を呼んでいろんな勉強をさせてくれます。
いっぽうマメ子が行く小規模幼稚園は園庭も狭いし勉強はありません。
絵本をたくさん読んでくれるってコトぐらいです。





そんな幼稚園ですので願書を提出した時点で入園は決定しています。
なので面接に気合いは何も必要ありません。

・・のはずだったのですが・・・
っというか、そう思っていたのは私だけ?


近所の子はみんなマンモス幼稚園に行くので、
まわりの様子を伺うことが出来なかったのです。





案内に書いてあるように「普段着」で面接に行った私とマメ子。
でもちょこっとマジメな雰囲気を出そうと思って、
普段は着ないきっちりした襟付きの服。
(もうその時点で私にとって普段着ではない)

幼稚園に着いてみると、ばっちりスーツ姿のお母様お父様。
子どもたちまでよそいき着ちゃってるじゃないですか。

もう騙された気分だった。


そもそもウチはネコ兄さんが仕事だったので、
面接には私とマメ子だけで行きました。
「親はひとりでいい」って書いてあるじゃないかー





「子ども同士遊んでいる様子を観察します」って案内に書いてあったのに
マメ子にもいろいろ質問が飛ぶし・・・

生マメ子(なまめこ)をご存知の方は分かると思いますが
知らないヒトに声をかけられると固まります。
何ひとつ答えることが出来ずに終わりました。(ちーん)


「お父さんとの関係はどうですか?」と聞かれ、
何も想定していなかった私は「仲良しです」と答えました。
ちょっと的外れな答えだったようです。

たぶん休日の面接なのにお父さんが来ていないから、
子育てに関わらないお父さんだと思われたのかなー・・?
仕事だってちゃんと伝えましたけど。





大人を信用しちゃいけないですね。
「普段着で」「親はひとりでいい」「子どもは遊ぶだけ」
全部信じたのに どうせ馬鹿正直ですよーっと。

別にコレが原因で不合格になることはないんだけど。たぶん。
まだ通知が届いていない・・(泣)












2015.10.04 Sunday ほっかいどー・5
あっという間に帰る日。

と言っても、本州に降り立つまで1晩かかるんだな。






苫小牧港のドッグランで最後のフリータイム。
このあとヤギリンは、長いことドッグルームに居てもらうのでね。





帰りのフェリーは「いしかり」です。
デカいです。これで仙台港まで行きます。

19時出航の翌朝10時着港ですが、17時過ぎにはすでに乗船しています。
なのでなかなかの長時間です。
船酔いする私は大浴場でプカプカ浮いたあと、すぐにベッドで爆睡。
帰りも奮発して1等洋室です。
でも予約がいっぱいでインサイド(窓のない部屋)でした。
寝るだけだから外なんか見えなくてもいいのだ。





甲板にペットルームがあります。
ペットルーム前の狭い甲板には犬を出してもいいことになっています。
こちらも個別ケージの鍵を渡されて、いつでも様子を見に行けます。
一応22時〜7時15分まではダメと書かれていましたが
鍵は持っているし別に行けないわけではないと思う。

私は自分の船酔いでいっぱいいっぱいになっていて
朝までヤギリンのことは忘れていましたが。





船自体は新しいはずなのに、行きのフェリーより臭い。汚い。
でも早めにチェックインしたので、大きめのケージを確保できました。
事前予約が出来ないので、遅めの到着になると
この半分ぐらいの大きさのケージになっちゃう可能性があります。
しかも上段だと、10キロを超える犬はキツいのでは??


最後の最後に役に立つかもしれない情報を。

帰りに利用した太平洋フェリー(名古屋⇔仙台⇔苫小牧)は、
ペットルームの事前予約が出来ません。
なので行ってみないとペットルームを使えるか分かりません。
これがネックとなって他のフェリーを利用する飼い主さんも多いみたいなので
私たちが乗ったときの混雑具合をちょこっと書きます。

平日とは言えシルバーウィークと土日の間だったので、
いつもより利用者は多かったんだと思います。
ペットルームのケージは全部で10個。
サイズとかは太平洋フェリーのサイトで確認してねん。
19時出航、17時までに手続き完了、15時半手続き開始。
ほぼ開始と同時に並んで手続きをしました。
その時点でたぶんペットルーム利用は一番だったと思う。
希望のサイズのケージが1個しかないので、早めに行きました。
いざ船に乗って見ると、10個のケージのうち8個は使われていました。
たぶん車内に残しているヒトもたくさん居たと思います。
(真夏ではないのと、ペットルームのような場所が苦手な犬も居るだろうし)
でも太平洋フェリーは航行中も船員が同行すれば車へ戻れます。
だから頻繁に長時間は無理にしても、車内に残した犬の世話は出来ます。

あれ?あんまり役に立たない情報だったかも。
長々と書いた北海道旅行記もコレで終わりです。








2015.10.03 Saturday ほっかいどー・4
マメ子にとってのメインイベント。
これはきっと将来の記憶に残るだろう。

私も2歳の時に家族で行ったグアム旅行が
記憶の中で一番小さい頃の思い出として断片的に覚えています。





富良野のアンパンマンショップ。
何故にこんな所に・・・という場所にあります。
山の中の森の中の農場の中。
ジャムおばさんのジャム工房の隣。

この農場の設立にやなせたかし先生が出資したらしく
そんなご縁で2000年からココにアンパンマンショップがあるらしい。





お店の前は水遊びコーナーが。
もう少し暑い日だったら遊べたのに。

きっと夏休みはちびっ子たちが集まるのだろうなぁ。





ショップの中には商品のおもちゃで遊べるコーナーも。
平日の朝一番だったけれど、この後わらわらとちびっ子集まる。





2階には大きな絵や原画がたくさん並んでいました。
ちなみに写真撮影はOKだそうです。

原画を一枚一枚見ながら涙する私とネコ兄さん。
しっかり親がハマってます。やるな、アンパンマン商法。






1/4 >>


profile link
 admin
 material by 空に咲く花
 template by xxx
archives
comment
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.